ヘッダー

嘘の情報を信じ込まないで早めに検査を

これは嘘でもまぎれもなく子どもを望んでいないカップルにとって避妊は欠かせないものです。

避妊方法にはいくつかありますが、最も多い方法はコンドームによる避妊でしょう。

中には膣外射精をすることで避妊をする方もいますが、それは本当に避妊出来るのでしょうか。

ゴムなしの性行為で避妊のために膣外射精を行いますが、嘘でなく誰もが「我慢汁で妊娠することがある」という内容の話しを、普段から過去に耳にしたことがあるでしょう。

我慢汁とは性的興奮した男性の尿道から分泌される液体で、カウパー液とも呼ばれています。

この我慢汁自体に精子は含まれていないため、我慢汁が膣内に入ることで妊娠することはありません。

しかし、これは嘘とは異なり我慢汁に精子が混ざってしまうこともあるのです。

精子とは精巣で作られており、精液として発射されます。

しかし、本来精巣にあるべき精子が尿道に流れることがあるのです。

空気に触れれば死ぬというのは嘘なのか?

そして我慢汁は尿道を通って体外に流れ出るため、そこに精子が少し混ざることもあります。

そのため、ゴムなしで性行為をした時点で我慢汁が膣内に侵入します。

その我慢汁に精子が混ざっていると妊娠する可能性は十分にあるのです。

結局はそのため、「膣外射精で妊娠したことがある」という情報は嘘でも間違いではありません。

そのため、「子どもが出来ても問題ない」というカップルであれば膣外射精でも良いのですが、これは子どもを望んでいないカップルにおすすめ出来ません。

空気に触れれば我慢汁が死ぬというのは嘘?

より確実に避妊を嘘でなくするのであればコンドームの使用をおすすめします。

また、精液が付着した指で膣内に触れてしまうと、それによって我慢汁で妊娠をする可能性があります。

そのため、避妊をするのであれば射精後のケアも大切なのです。

特に嘘に注意しなくてはいけないのは、年齢の若いカップルですと性に対する知識が未熟ですので、簡単に膣外射精で避妊が出来ると考えてしまいがちですが、そのようなことはありません。

妊娠を望まないのであればコンドームを使用しましょう。

また、中にはさまざまな事情で避妊が出来ないこともあります。

中絶という方法もありますが治療費は高額になりますし、嘘ではなく何より女性の身体に大きな負担がかかってしまいます。

そのため、アフターピルという方法で避妊をする方法もあるのです。

嘘かの判定は非常に難しいレベルです

これは性行為から72時間以内に服用することで精子の着床を防ぐことが出来ます。

これによって我慢汁でも避妊が出来るのです。

アフターピルは服用が早ければ早いほど効果を発揮しますので、すぐに医師に相談をしましょう。

信憑性の低いネットの嘘ではなく検査する事が大切

アフターピルは72時間以内の服用で確実に嘘でも避妊出来るものではありません。

遅くなってしまうとすでに精子が着床している可能性があり、我慢汁により中絶をしなければなりません。

アフターピルの服用から3日~3週間ほどで生理のような出血がありますが、これは効果が発揮されたサインです。

しかし、嘘かは確実に避妊が出来ているかは自分で判断するのではなく、医師に調べてもらいましょう。

嘘のような半紙ですが中には着床をしていても出血が見られることもあります。

また、こういった出血が見られなかった場合も医師に親密に相談をしてください。

アフターピルが間に合わなかったことが考えられます。

現在のアフターピルはノルレボ錠と呼ばれるもので、その費用は3000円~1万5000円です。

我慢汁を使った嘘で妊娠を報告するケースもあります

ノルレボ錠はこれまでのアフターピルよりも副作用が少ないため、女性の身体に負担がかかりません。

また、アフターピルは保険適用外の自由診療ですので、クリニックによって費用のバラつきがあるので注意しましょう。

アフターピルによる副作用は頭痛、吐き気などですが、服用から半日ほどでおさまります。

しかし、半日過ぎでも副作用があるようでしたら必ず医師に嘘ではないか相談をしましょう。

現在のアフターピルの副作用は少なくなっていますが、それでも副作用の出る方もいます。

そのため、嘘かどうか自分で判断することは止めましょう。